ロゴ
>コラム>住宅ローンの返済に困ったら任意売却を検討しよう

住宅ローンの返済に困ったら任意売却を検討しよう

間取り図

住宅ローンの返済が滞れば、債権者側で強制的に担保物件を競売にかけることが可能となります。そんな事態を避けるためにも、住宅ローンの返済に無理を感じているなら早めの対策をおすすめします。住宅ローンを組んでいる方であれば、任意売却という言葉を耳にしたこともあるでしょう。任意売却は、債権者と交渉の場を設け、競売を避ける形で住宅を売却する方法です。競売の場合、購入希望者は内覧ができないため、相場よりも低い価格で売却されるのが一般的です。任意売却が可能になれば、通常の不動産売却と同様の形で進められ、より多くの売却額を返済に充てることができます。交渉の上、債権者に抵当権を外してもらえれば進めていけるので、まずは任意売却の仲介に携わっている専門機関を探してみましょう。

任意売却を相談できる専門機関はいくつも存在していますが、任意売却を専門的に請け負っている業者への依頼をおすすめします。実績のある専門業者ならこれまで様々なケースに携わっているため、状況に即した適切な方法でサポートしてくれます。依頼すれば債権者との交渉も行ってくれますし、的確に物事が進んでいきます。競売が差し迫っている状況でも、プロに相談すれば最善の解決策を提示してもらえるので安心です。債権者としても、任意売却を受け入れた方がより多くの返済が見込めるため、任意売却を成功させることは難しくありません。できる限り有利な形で自宅を売却するためにも、住宅ローンが滞っているなら是非専門業者に相談して進めてもらいましょう。相談を無料で受け付けている業者も存在しており、各所真摯に対応してくれます。

住宅